テレビ故障の件―その後2009年01月05日 03:18

2008年03月29日に書いた、ソニーのテレビの故障の件。

結末を書き忘れていました。


再びサービスマンさんに来てもらったんだけど、
その場では発症せず。
当然、原因もわからず。
日を改めて預け修理ということに。


預けてから数日経って、
「ようやく症状を確認できました」
と連絡が入る。


次に連絡が来たのは、さらに1ヶ月ほど経った頃。
結局のところ、原因がわからないと。。。
で、いっそブラウン管を交換してみましょうということに。

そうなると、普通なら修理代金は17万円ほどになるそうですが、
そこは最大限の譲歩を提示してくれました。特例ということで。
まぁ、買ってから4年も経っていなかったわけですし。


で、ブラウン管やらなにやらを交換して、
やっと我が家に戻ってきたKD-36HR500。

その後は問題の症状も現れず、まぁまぁ良好です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://itagaki.asablo.jp/blog/2009/01/05/4043046/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。